佐太郎窯(さたろうがま)

 

素朴な”黒”に光る民陶の美

 

 

くろじょかや普段使いの皿など、ここは”黒もん”と呼ばれる黒薩摩を中心に扱っている。鉄分を多く含んだ土から作られる漆黒の光沢、温かみのある形など長年この地で作り続けられてきた”苗代川焼”の素朴な美に触れる事が出来る。この窯の器を気に入った鹿児島ゆかりの文学作家、椋鳩十は”黒い太陽”と名付けた皿を「無骨で重いーそれも”黒もん”のおもしろさである。」と客人に自慢していたというエピソードが残っている。


佐太郎窯 〒899-2431 鹿児島県日置市東来町美山456 tel&fax 099-274-2450